防犯対策時の気になる疑問~防犯ブザーから鍵交換まで網羅~

空き巣に狙われづらい家にする秘訣 空き巣に狙われづらい家にする秘訣

窓の防犯対策をする際に気になること

家の模型

窓の防犯対策には鍵交換、防犯フィルム、防犯ブザーなどいろいろとあります。いざ実際に鍵交換等の防犯対策を行なうとなると、様々な疑問や不安に思うことが多く出てくるはずです。こちらでは、そういった疑問解消に役立つ情報をご紹介します。

よくある質問

防犯ブザーは窓の防犯対策に効果ありますか?
窓の防犯対策には、防犯ブザーも効果的でしょう。音というのは、犯罪者にとって一番嫌がるものだと言えます。特に空き巣などに入る犯人は、「音が鳴る」と「人が来る」と脳内変換して帰っていくことも多いです。そのため、上手に対策すれば、音だけで未然に犯罪を防ぐことも可能です。犯罪者の心理を考えて、その上で対策していくことはとても重要だと言えるでしょう。防犯ブザーはいろいろなところにも活用できるので、設置しておいて損をするということはないです。
空き巣に狙われすい窓ってあるのでしょうか?
空き巣はいろいろな窓を狙っています。狙われやすい窓としてはトイレや浴室があります。その他、大きな窓よりも小さな窓から狙っていく犯人が多いです。そして、やはり1階部分に設置されている窓の方が犯人に狙われやすくなりますので、1階部分の窓の鍵交換は必須といえるかもしれません。また2階建てにお住いの方の場合、1階だけでなく2階部分の鍵交換も忘れてはいけません。空き巣の犯人は我々が思っているよりも執念深いです。もし1階部分がだめでも、あきらめずに2階部分から侵入しようとしてくるため、念には念を入れた防犯対策が求められます。
賃貸アパートでできる防犯対策はありますか?
賃貸アパートの場合そこまでセキュリティ対策について深く考えていない、という方も多いでしょう。しかし、賃貸アパートも戸建て住宅同様に窓から侵入されることもあるので、防犯グッズを設置したり、鍵交換をしたりするなどして防犯対策はしっかりしておくことが大切です。ですが賃貸アパートはオーナーの許可を得なければ工事ができないことも多いので、防犯グッズを上手に活用してみるといいかもしれません。

空き巣被害者の体験談

ペアガラスだったので安心してたのですが、いつの間にか割られて、侵入されてしまいました(主婦)

断熱のために、自宅の窓はペアガラスにしています。ペアガラスは、断熱効果も防犯効果もあると勝手に思いこんでいたのですが、それは間違いだったようで空き巣に入られてしまいました。頑丈だと思っていたペアガラスは、簡単に割られて侵入されたんです。隣人や友人に聞いてみると、私のようにペアガラスは安全だと思っている方が多くいました。私と同じ被害に遭わないためにも、正しい知識をつけて防犯対策を行った方がいいですよ。友人などにも、そのようにアドバイスしておきました。

TOPボタン