住宅の防犯性を向上させる方法~窓の鍵交換や補助鍵の設置~

空き巣に狙われづらい家にする秘訣 空き巣に狙われづらい家にする秘訣

防犯対策は窓から始めよう

窓

防犯対策は、まず窓から始めることをおすすめします。窓は犯罪の標的にされやすい場所なので、しっかり鍵交換や防犯グッズを使った対策をしましょう。

空き巣が1番狙う場所

割れば簡単に侵入できるため、窓から侵入するケースが多いです(警察)

窓というのは、割れば簡単に侵入できてしまう場所です。そのため、空き巣などは窓から狙って入ってくることが多いと言えるでしょう。対策するなら、窓への対策もしっかりと固めておくことをおすすめします。壁を破壊したり、玄関を壊して侵入したりするよりも、圧倒的に窓から侵入する方が楽です。犯罪者の心理になってみると、やはり窓から入るのが楽だと思えるでしょう。だからこそ、窓の対策は重要なのです。

効果的な防犯対策方法3選

補助鍵を付ける
空き巣は鍵を嫌うことが多いです。鍵がたくさんついていれば、簡単に諦めて他の場所に移るでしょう。基本的に犯罪者というのは、その現場に長時間いたくないものです。そのため、「これは時間がかかる」と思わせるだけでも、大きな防犯効果があるでしょう。補助鍵を付けておくと、それを破壊する時間と本来の鍵を破壊する時間がかかるため、他の人が発見することも多くなります。また、その間に家の主が帰宅して気付くこともあるでしょう。とにかく時間をかけさせることが、重要です。
センサーライトを設置する
センターによって発光するライトが近年販売されていて、自宅に設置している方も多いでしょう。実際にセンサーライトは「そこに人がいる証明」となります。犯罪者はこそこそと空き巣を働きたいのに、ライトが当たっていては「見つけて下さい」と言っているようなものです。光に当たっている犯罪者の心理としては「早くここから逃げないと」となるでしょう。ライトだけで逃げていく空き巣もいるくらい、センサーライトは強力な防犯グッズとなります。
防犯フィルムを張る
窓を割って侵入しようとしたのに、防犯フィルムが貼ってあってなかなか破れない場合、犯罪者は手間取ります。一度は割ったと思ったのに割れていないというのは、犯罪者の心理にも大きく突き刺さるでしょう。「これはさらに時間がかかりそうだ」と思わせれば、犯人もそそくさと逃げていきます。しっかりと対策しておけば、これも便利に使っていける防犯グッズだと言えます。その点も合わせて防犯フィルムを使っていくようにしましょう。

防犯性が高いものへ鍵交換

窓の鍵というのは簡易的なものとなっている家庭も多いです。しかし、それを防犯性の高いものに鍵交換しておくだけで、高い防犯対策となります。鍵交換する際には、専門業者に依頼すれば簡単です。何より専門業者なら防犯に適した鍵交換もしてくれますし、防犯に関する相談なども請け負ってくれることが多いです。ですから、まずは防犯対策について話を聞いてみるというのも良いでしょう。また、他の防犯グッズもあれば、一緒に検討してみるのもありなのではないでしょうか。防犯は、専門業者に相談するのが一番良いです。

TOPボタン